桐嶋永久子は放送現場で本気モード全開

桐嶋永久子の情報サプリ

現場の臨場感と桐嶋永久子の生真面目さがガチンコ勝負!

新着記事

桐嶋永久子は放送現場で本気モード全開

桐嶋永久子の第二弾「桐嶋永久子 専属契約第2弾!雌(めす) 」が、ディープス15周年記念でダウンロード販売されました。

ニュース番組の放送中という設定でセクハラされ、アダルトグッズで責められても、一生懸命に原稿を読もうとする姿に感動さえ覚えるでしょう。

スタジオ内に響くアエギ声が絶頂に変わると、カメラを気にせず快楽の世界へ導かれていきます。

この作品はAV撮影だと分かっていても、現場の臨場感と桐嶋永久子の生真面目さがガチンコとなり、他の作品にはないリアルティーを作りだしているのです。

男優達は上品で気品のある彼女の仮面を削ぎ落とし、仕事の邪魔をする悪さを楽しんでいるようにみえます。

清楚なシャツの上からローターを当てられ乳首を吸われても、表情を変えることなく原稿を読み続ける彼女!

電マをアソコに当てられると一瞬声が詰ってしまうのです。

クンニでは原稿をつかみながら後ろに仰け反り、指入れされると腰をガクガク震わせてきました。

そのまま机に両手をついて立ちバックの合体!カメラ目線が堪りません。

彼女の萌え声とアエギ顔をみれば、本気モード全開だとわかるでしょう。

ドキュメント仕立てというよりも、放送禁止のセクハラ&レイプ番組のような作品になっています。